外国人実習生受入れメリット

受け入れ枠のメリット
受入企業様は、実習生の受入れを毎年出来ますので、3年間で受入れ枠の3倍の実習生を招聘することが可能となります。
また、初年度に招聘した実習生が2年目に招聘された実習生に対し、言語及び現場作業のアドバイスも出来ますので、受入企業様のご負担を、軽減することも可能となります。
社内、職場の活性化
やる気あふれる技能生を受け入れることにより職場が明るくなり活性化されます。
また、従業員様も「技術を教える事」に誇りを持ち、それが仕事にも良い影響を及ぼします。
企業経営、従業員の国際化
従業員様が技能生との異文化交流を経験する事により、社内の国際化が進みます。
同時に海外拠点を作るときに自社の技術を習得している人材を確保でき、グローバル企業としてのイメージの向上が図られます。
一生懸命、実習に励みます
技能実習の期間は決められていますので、実習生達は一生懸命実習に励みます。
彼らは、日本人が嫌がる仕事を率先して行いますので、実習生を受入れることにより、日本人従業員の定着率も向上します。

外国人技能実習生の1年間の受入れ可能人数

  • 受入れ企業の常勤職員数
  • 201人以上
  • 101人以上~200人以下
  • 51人以上~100人以下
  • 3人以上~50人以下
  • 実習生受入れ可能人数
  • 15人
  • 10人
  • 6人
  • 3人

※50人以下の企業では、技能実習生数が受入れ企業の常勤職員総数を超える事は出来ません。
(常勤職員数が1名の場合は技能生を1名しか受入れできません)
※300人を超える企業に関しては、常勤職員数の5%以内で技能実習生の受入れが可能
※常勤職員数とは、雇用保険に加入している正社員の人数の事を言います。
※常勤の役員は、常勤職員数に加える事が出来ます。

技能制度とは
≫ 詳しくはこちら
実習生受入のメリット
≫ 詳しくはこちら
実習生受入の流れ
≫ 詳しくはこちら
よくある質問
外国人技能実習生受入についての質問をまとめました。